2012年11月20日

歯周病治療への取り組み(総論)

当医院では歯周病は特に特別なことをやっているというわけではありません。
まじめに、基本に忠実に、スタンダードな治療を目指しています。
治療としては、スケーリング(歯石取り)SRP(歯根の滑沢化)そして歯周外科(骨造成、再付着等)
そしてPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaningいわゆるクリーニング)
をきちんと丁寧に行っていきます。

歯周病治療は長期的な管理が必要ですので、当医院では患者さん一人一人が継続できることを目標に治療計画をフレキシブルに計画して、無理なく気軽に治療が行えることを目標にして努力しています。

器具はしっかり研いで、清潔に行います
DSC_0547.JPG

一人一人に合った、PMTCとプラークコントロールを行います
DSC_01081.jpg

歯周外科はCGFをもちいたPRP再生療法(自己血を用いて骨再生を行う治療です、詳しくはまた後ほど)で、より良い治療を求めます
DSC_0664.JPG

色々と当たり前のことですし、効果が見えず地味な治療なんですけど、きっと長い目で見たらそれが患者んの為になると信じて、治療を行っています。
【関連する記事】
posted by あつさか歯科 at 01:41| 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする