2015年12月03日

再生医療申請完了

再生医療等の安全性の確保等に関する法律により

再生医療の提供は施設の設備等を報告し審査を受け申請する必要となりました。

そして、12月3日で、受理されました。

うちでの再生医療って何かって言うとCGF(Concentrated Growth Factors)の作成に関してですね。
DSC_0664.jpg

これで歯周治療やインプラントのときの腫脹の軽減や治りをすばやくおこなう事ができ、自己血を使用することで、アレルギーなどの問題をクリアーできます。

採血があるのでちょっとハードルありますけど。
よくある「新しい治療です!」っていうのがありますが、本当に新しい治療のやつです。

実際そんなに関係ある人って言うのは少ないんですけど(自由診療の治療だし歯周外科なので)
でもこれで抜ける歯が助かればいいと信じています。

自分が適応なのかききたいかたも、どんなのか関係ないけど見てみたいなぁってかたも、あつさか歯科へどうぞ。
posted by あつさか歯科 at 22:06| 色々な治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

イビキ防止の治療

暑くなって参りました。
イビキ防止の治療について。

実際は色々あります。以前書いていた、睡眠時無呼吸のページにある装置とか、口が誘導されるやつとか、舌を引っ張るのとか。

一応今回の書くのは、イビキと無呼吸に対応の装置です。

20150529151957281.jpg20150529151949971.jpg
(患者さん掲載許可済)
もうちょっと下の部分は長いので調整時に切ります。

保険のをするために、無呼吸検査までするのは、正直だるい、時間がない。
とりあえずイビキを治せる装置着けてみて、様子みたい。

そんな方によいと思います。

とりあえず当医院にて、イビキの原因が目視で、確認できた場合は適応としています。(鼻系だったら耳鼻科なので)

大体30000円位です。

古くなったり緩くなったら?どうするのとか、あると思います。

これの場合は再度内側をつくりなおすことも可能ですので、なるべく長く使用できます
5000円ぐらい

長く使わないといけないものなので、なるべく価格はおさえてます。

細かい説明は一度来てご相談ください。

注意:毎度のことですが、口腔内装置なので、虫歯のチェック、歯周病の確認等は必須になりますので、それはよろしくお願いします。
posted by あつさか歯科 at 15:38| 色々な治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

保険適応の白い歯情報(暫定)

あつさか歯科内では、適応の方にお知らせしてますが、4月からの保険の改訂により、CAD/CAM(機械での削りだし)のハイブリッド冠が保険適応になります。(単冠のみ)

患者さんにとってはうれしいかなと思います。

ただ色々材質的な問題があり、きちんとそこを理解しないと、患者さん方の不利になってしまうので、あつさか歯科調べですが、きちんとご理解いただけるように説明いたします。
(正式な発表ののち書き換え追記する可能性有り)

CAD/CAMハイブリッド
内側に金属は使えないジャケットタイプ
(イメージ仮歯)

強度200Mpa
縁(マージン)ディープシャンファー及びショルダー


結論
割れやすい:人の歯は400Mpa。
歯をかなり削る:生きている歯には厳しい深さ。e-maxぐらい削る

上記二つより
縁の堅さを担保できない可能性が示唆され、縁が再度虫歯になり易い

経年的に色が付き易い:材質の問題
プラーク付着し易い:材質の問題

利点は白いこと

適応をネガティブに書くと
歯磨き、口腔内状態がよくて、あまり歯茎の下じゃない虫歯で、噛み合わせが適切で、神経とったり、何年後日にやり換えの可能性が高いことに同意できるという条件

かな

※こういう人にいいかも?

今まで銀歯で問題なく使用できていて白くしたかった人。

このようなことより

単純に白いのがいいだけで選ぶと、問題あるかと考えられます。


きちんと担当医と話し合って、銀歯が適切と考えられる場合は、銀歯を選ぶことも必要と考えられます。

削る量を減らして、白く丈夫ってなると、ジルコニア冠になるので、うちではZ冠が変わらずおすすめになると思われます。

詳しくはあつさか歯科クリニックへ。
posted by あつさか歯科 at 23:25| 色々な治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする